バップ系ジャズの流れるお店

今の時代、ラーメン屋さん、おうどん屋さん、お蕎麦屋さん、カフェ、チェーン店系のあらゆるお店で普通にジャズが流れています。
しかも、デキシーやスウィング・ジャズではなく、ビバップやハードバップです。

バップ系のジャズが流れるお店、どちらかというと経営が創作型でありながらカテゴリははっきりとしたお店が多い気がします。

ビバップやハードバップといえば、色々ありますが、ちょっとアウトフレーズするところが特徴、アウトするけど、フリージャズほどにまでは解放していない一定のカテゴリーを意識している音楽でしょうか。

と、二つを見比べますと、お店の経営方針と、お店が選ぶBGMには共通点があるようにも思えます。

例えば、こんなお店にはバップ系ジャズが流れていない気がします。
・ラーメンも、うどんも出す店
・本当の老舗店
・ジャズが嫌いな店(当たり前)

新しいサービスを提供するお店の経営スタイルと、そこで流れる音楽は、意識していないところで一致するのでしょうね。

そういう意味でも、経営学においても、ジャズのアウト奏法のスピリットは必要な気がします。ガンガンそれた道に行っているようだけど結構守っている、みたいな所ですね。

と、偉そうな結論をつけたフリしてすみません。