九州で半年がたちました

おきもとけんじのブログを覗いて頂きありがとうございます。

春に関東を去る前から、色々とよもやまがあり、ジャズから離れた生活を送っていました。また、九州に越してからも、よもやま事が多く、ジャズにはなかなか向き合えていませんでした。
ただ、徐々にですが音楽の場にも顔をだし、仲良くして頂いております。

こちらに来てから、暇があればたまに近所の三加和温泉郷に足を運ぶようになりました。
三加和温泉郷は、知る人ぞ知る源泉かけ流しの温泉屋さんがある郷で、すべすべとしたお肌に優しいお湯が特徴、観光地としての派手さこそないですが、ミネラルの多い「確かなお湯」がそこにはあります。

そんな三加和温泉郷にあるお蕎麦屋の「常次郎庵」さん、築145年の民家を移設改装して2年前に開業され、熊本産の蕎麦粉で「確かな味」を日々探求し続けておられます。
一期一会と申しますか、ご縁により週末の演奏者として使って頂くことになりました。

素敵な「味と音のひと時」の思い出セットをお持ち帰り頂く事ができるように、また、サウンドがそのうち郷の湯のように「確かな音」に変化するように、という想いを胸に、少しずつではございますが精進いたします。

さて、今日も演奏後のお蕎麦、いただきます m(_ _)m